カンボジアのコーヒー事情について。

スオスダイ!こんにちは!

ところでみなさん、

コーヒーといえば、ブラジルやコロンビア、、、

カンボジアとコーヒーが結びつくことはあまりないのではないでしょうか。

 

実は!!

あまり知られてはいませんがカンボジアもコーヒーの産地なんです。

特に、カンボジアの北東部に位置するモンドルキリで多く栽培されています。

私、宮崎も昨年カンボジア滞在中にモンドルキリに行ってみました!

その時に行ったモンドルキリのコーヒー農園がこちら↓

IMG_8573

ちょうどコーヒーの実も赤く実っていましたよ!

IMG_8569

コーヒーチェリーとも言われるコーヒーの実、この実の種にあたる部分がいわゆるコーヒー豆になります。

 

カンボジアで栽培されているのは、カネフォーラ種(ロブスタ種)が主流で、味はというと、濃くてほんのり甘いというのが特徴です。

 

現地では濃いめのコーヒーに大量の砂糖または練乳を入れて飲むのが一般的。

私はこの練乳入りのあま〜いカンボジアコーヒーが大好きです。

これがこちら↓

IMG_6693

ビニール袋にストローをさして…

カンボジアの農村スタイルのテイクアウト用練乳コーヒーの出来上がりできあがり!

 

ちなみに現地では、「ブラック」を注文しても、砂糖入りのものすごく甘い“ブラック”コーヒーが出てくることも!

「砂糖なしで」と注文して下さいね。

 

そんなカンボジアコーヒーをミリアアンコールでもご用意しております。

食後の一時に、ぜひどうぞ♪

IMG_2948